Sony XPERIA Z Ultra

こいつは正直自分のためにあるサイズ

そう思い一ヶ月悩んだ挙句気がついたら手元にあった

android端末としてはGalaxy nexus以来の久しぶりの端末

サイズ的にタブレットではなく”ファブレット”と呼ばれている

とゆうかこのサイズは初めてじゃないのか?

6.4inch

androidタブレットは長いことnexus7を使っていて(2012,2013)

7inchより微妙に小さい

ベゼルが異常に狭い為画面をそのまま持っているような感覚

何より軽い!

持てばわかる質感の良さ

正直sonyの傑作だと思う

xperia z2も触って見たが質感はapple製品と肩を並べる

特筆すべきは重さ

スペック表以上に軽く感じる

持ちやすいわけではないのだが非常に軽く感じる

背面の仕上げも素晴らしい(指紋は気になるが)

日本人として誇りに思う出来だった

だった

気がつくと今手元には無くなっている

端末サイズ的にも自分が常用しているシザーバッグにジャストサイズ

i-Phone5sより画面が大きいのでブラウジング、電子書籍は見やすい

やはりiosに慣れた身にはandroidは耐えられなかった

端々の動きのもたつき、カクツキ

一昔前とは比べ物にならないくらい動きは良くなったのだが

昔使っていたWin Phone6とは話にならないほど進化しているのだが

iosには勝てない

ついでに発色が微妙に白味がかっていたり

これは個別アプリのせいだと思うが

パズドラで音が遅れる

気持ちが悪い

正直性能面があと一歩

android端末しか知らない人間にとっては

スマホじゃ満足できずタブレットじゃデカすぎる人にとっては

本当に優れたガジェット

iosを積んで欲しい!

正確にはandroidに進化して欲しい!

osとしての基本思想の差が現在地味に致命的な差になってる

基本思想としてはデベロッパーの参入ハードルの低さは魅力だし

競争が生まれることによってブラッシュアップされて行くのもわかる

基本OSの設計が重すぎる

まぁいろいろ話が飛びましたが

この端末は後継機が出たら買うね

、、、Z3でシリーズから外されたけどね

だからファブレットの傑作機はPSP Goと同じ道をたどるのでした

今になってPSP  Goが欲しいKo-sA-より