PS3 : キャサリン

アトラスのちょっと変わったドラマ&パズル

二人のキャサリンを巡っての男としての葛藤を描く

マルチエンドゲームのいいところは自分の選択でストーリーを体験できるところだよね

正直システムとしての賛否が多数分かれるところで

いろいろなところで叩かれている作品でもある

ただこの作品は好きな人は結構はまれると思う

一番問題になっている部分はパズルパート

easyでもクリアできない人が結構いるみたい

ただファミコン世代からゲームをやっている自分にとっては

ある種これくらいの難易度が丁度いいような気もする

最近のゲームは”ボリューム”の名の下に迂回に迂回を重ねて濃密ではなく肥大化してしまている

確かにハードの進化で表現の幅が広がったことは新しいアイディアにつながるし

そーゆーゲームをしていなかった人間には新鮮で面白い部分もあると思うけど

昔からのゲームマニアは焼き増しに感じてしまう

それでもクオリティの高いゲーム(自分の場合はバトルフィールド)は繰り返し遊ばれる

新規顧客を掴むにはその古き良きJRPGのような(FF,テイルズ,ドラクエ)作品が必要だけど

ロングランでゲームを遊んでいる自分のような人間にとっては何か新しい方向性なりアクションがほしい

そんな刺激には確実になった一本

絵の好き嫌いでだいぶ好みが分かれるが

だいぶ前の作品で商品価格も下がっているので新しい刺激が欲しい人にはオススメの一品