答えの出し方

物事はどれだけ複雑に見えても以外にシンプルに構成されている

理由としてはすべての事柄は細分化できる

どんな大きく複雑に見える問題でもだ

切り分ければいい

その時重要なのは”前提の前提を明確化すること”

前提があやふやだと複雑に見える

それが世界平和でもいい、紛争でもいい

恋愛問題でもいいし、今日食べる晩御飯のことでもいい

どんな問題でもシンプルに考えること

小分けにして一つづつにYes or Noを突きつければいい

まぁ無意識のうちに人はやっているのだけれど

 

その時に一番自分に都合のいい選択を

 

大変なのは”先送り”という選択をとった時

その選択はその時時で自分に有利に見えるかもれないが

往々にして解決にならない事が多い

まぁそれもありなのだが

先送りという答えを出す人は”遅い人”に見られる

仕事でも、政治決断でもそう

前提の前提を考えることは先の先を取る行動だが

先送りは一見問題も冷静に見直すように、踏みとどまる感じがするが

 

時間は流れているのである

 

そこに問題がある以上その問題は解決の道を辿らなければ往々にして膨らむのである

まぁ大抵は良くない方に

だから”あの時やっておけばよかった”なんて”後悔”なんて単語が幅を利かすのであり

人は過ちを繰り返すなんて愚かな格言が生まれるのである

Yes or Noを言えばいいだけなのに

特に日本人はその決断が苦手みたいだ

むしろ小事を大事に育てるのを好んでいるかのようにすら見える

まぁそれも個人の選択なのだが

 

答えの出し方は至って簡単

問題の細分化→前提条件を精査する→Yes or Noを明確にする

これですべての問題は解決できる

無論どの選択をしても地獄が待っている場合も多々あるが

その中でも最良の選択を出来る、それが人間なのである

by Ko-sA