台湾廃油混入問題からミートホープ事件を振り返る

たった今何気なくつけていたテレビ朝日の番組でのコメント

”日本では考えられないですよね”

おまえら

ミートホープの事を忘れたのか?

流石にコメンテーターとしての質を疑うね

もともとあの人たちには全く何にも期待してないけど

最近海外の問題を取り上げて日本安全神話なる物を必死に取り上げていますが

船場吉兆の事を忘れたのか?

この二つの事件ははっきり言って日本の基準が厳しいとか

そーゆー問題ではないです

ミートホープに関してはあれから幾つか事件を追ってみましたが

流石にやりすぎだよね

腐った肉を買ってきて混入

作っている側が良心の呵責に耐えかねて告発

DNA検査をしたら牛肉として売られていたものが豚肉でした

そんで謝罪→自己破産

 

まぁちょっと怒りの話は置いておいて

日本の安全基準問題を語りましょう

別にミートホープに縁もゆかりもありませんし擁護してるわけでないのですが

言わせてもらいたい、厳しすぎる

正直あんなずさんな生産をしていたミートホープですら消費者から被害届は出ていません

腐った肉を食べても豚を牛だと食べさせられても人は気づきません

だからと言ってやっていいわけじゃないとは思います

そうゆう法律があるのですから

でも法律ってなんでしょう?

多分法の存在理由は人が住みやすく、人を守るために出来ているもの

それではなぜミートホープ事件のように被害は出ていないのに法律を犯したというだけでこうなってしまうのか?

腐った肉を混ぜたことによって会社としての信用を落としてしまうまではわかる

散々食べておいて誰も気づかなかったけどな

実は誰も傷をつけられていません

牛肉だと思って食べていたものが腐った豚肉やら鶏肉だっただけです

人はそんなにやわじゃありません

誰も健康的被害を被っていないのだから

ワクチンと一緒である程度の”有害物質”を摂取することで体は防衛の為強くなるようになています

過剰な安全基準は体に悪いものを排した結果を置いたこの日本は

海外の人は普通に飲める水ですら腹を壊してしまう民族になりました

これは本当に安全に配慮をした上なのでしょうか?

目先の事しか考えないで安全基準を作るからこんな民族になってしまったのです

去年あった東京ディズニーリゾートホテルやプリンスホテルの偽装問題もそうです

テレビの取材で同じ肉を並べてかたや2000円かたや1000円で

2000円の方を知名度のある肉を使っていますと表記しました

もう一度言います同じ肉です

ほとんどの人間が2000円の肉の方が柔らかくて美味しいと言っていました

こんな人間たちに提供するものはもうなんでもいい気がします

ブランドに踊ってる人がいるから今回みたいな事件が起こるのです

被害が出たなら事件です、被害を出した方が謝罪、賠償をするのは道理でしょう

上記の事件は

被害者がいません

法律が一人歩きしていませんか?

騙された方が悪いと言ってるんじゃないんです

実際騙して利益を取っていた分はダメでしょう

しかし法律がなければ堂々記載して商売してもらったらよかったと思っています

消費期限も同様です

そこは別の機会に語りましょう

まぁ俺も腐った肉を食べたいわけじゃないけどね

安くてうまくて被害が出ないならなんでもいいと思う

被害も出ずに気がつかないならしょうがいないって思ってる一個人の意見でした

 

追記

松坂牛を買ってきて牛の個体番号を調べたら”福島産”だったよ

牛肉は加工前に一定期間表記したい地域で飼育すればそこの名前を出せばいいみたい

不思議なルールですね別に美味しかったけどね